概要

組織名 公益財団法人福島市スポーツ振興公社
所在地 〒960-8166
福島県福島市仁井田字西下川原41-1 福島トヨタクラウンアリーナ(国体記念体育館)
電話番号 TEL:024-539-5500
FAX:024-539-5501
設立 平成6年6月
代表者 理事長 加藤 孝一

運営方針

「市民のだれでも いつでも どこでも」スポーツに親しむことができる「生涯スポーツ」の理念に基づき、関係各機関、団体との連携強化を図り、 市民の健全な心身の発達と、潤いのある市民生活の実現を目指し、利用者の視点に立った弾力的な運営に努めます。

  • 生涯にわたる心身の健康保持のため、生涯スポーツを推進し、健康で元気な市民生活の創造に寄与します。
  • 社会環境の変化に伴う市民個々の要望に即応し、幅広い年齢層を対象とした各種事業の推進に努めます。
  • スポーツ文化への参加志向や生涯健康を希求する課題に対応した事業の展開を図り、体育・スポーツ活動の普及促進に努めます。
  • 「福島市国体記念体育館」を中核に、通年開放型施設として、より効果的、効率的な管理運営に努めます。
  • オンライン予約情報システムにより一元的な管理運営、均衡ある利用者サービスの充実を図ります。

沿革

平成6年 1月 福島市議会文教福祉常任委員協議会が開催され、福島市教育委員会が市内にある体育施設の管理などを目的に福島市スポーツ振興公社を設立したい考えであることを表明。
3月 福島市議会3月定例議会にて、関係条例の改正。
4月 公社発足に伴う事務分担打ち合わせ。
5月 財団法人福島市スポーツ振興公社設立発起人会が開催され、福島市長が設立代表者に就任する。
福島市国体記念体育館落成式。
福島県教育委員会より設立許可。
6月 財団法人福島市スポーツ振興公社設立。
役員を委嘱(理事10名、監事2名、評議員10名)し、職員(市からの派遣職員15名、嘱託職員20名)を発令。
第1回理事会を開催し、設立趣意書、寄附行為及び諸規定を決定。
第1回評議員会を開催し、理事会での決定事項について報告。
7月 第2回理事会を開催し、職員採用計画を決定。
公社職員第1回採用試験実施。
8月 公社職員(5名)を発令。
12月 国体記念体育館落成記念「第1回Vリーグ女子バレーボール」福島大会を開催。
平成7年 9月 中央市民プールにおいて第50回国民体育大会「ふくしま国体」夏季大会水球競技開催。
10月 国体記念体育館において第50回国民体育大会「ふくしま国体」少年女子バレーボール競技、十六沼公園スポーツ広場において同少年男女ソフトボール競技開催。
国体記念体育館において第31回全国身体障害者スポーツ大会バレーボール競技、十六沼公園スポーツ広場において同グラウンドソフトボール競技開催。
平成8年 3月 財団法人福島市スポーツ振興公社設立1周年記念講演会「井上謙講演会」開催。
4月 福島相撲場が、県から市に譲与され福島市相撲場となる。
9月 財団法人福島市スポーツ振興公社3年・第40回福島市民体育祭記念「アトランタオリンピック出場選手体操演技会」開催。
平成9年 4月 市内7ヶ所の体育施設をオンラインで結ぶ福島市体育施設オンラインシステム「スポーツふくしまネット」供用開始。
平成10年 5月 市内2ヶ所の学習センター(蓬莱、清水)に「スポーツふくしまネット」利用者端末設置。
平成11年 6月 福島体育館に利用者端末設置。
10月 財団法人福島市スポーツ振興公社設立5周年記念『すぽ振祭り』開催。
平成12年 2月 マルチメディア・モデル市役所展開事業の一環として「スポーツふくしまネット」インターネット版供用開始。
平成13年 2月 「スポーツふくしまネット」利用者端末が各公民館等市内16ヶ所に増設され合計21ヶ所となる。
「スポーツふくしまネット」iモード版供用開始。また、利用者端末が十六沼公園他市内8ヶ所に増設され合計29ヶ所となる。
平成15年 4月 公社ホームページ開設。
iモード以外の携帯電話端末での「スポーツふくしまネット」供用開始。
飯坂野球場、湯野地区体育館、飯坂武道場の3施設の予約がスポーツふくしまネットで可能となる。
平成18年 4月 十六沼公園サッカー場の指定管理者となる。
指定管理者制度により3年間の市内体育施設の管理の委任を受ける。
平成21年 4月 指定管理者制度により5年間の市内体育施設の管理の委任を受ける。
十六沼公園スケートボードパーク開設により、同施設の指定管理者となる。
11月 福島県知事宛に公益財団法人への移行認定の申請をする。
平成22年 10月 福島県知事より公益財団法人として認定を受け、公益財団法人となる。
平成25年 4月 十六沼公園さくらの広場管理業務の委託を受ける。
平成26年 4月 指定管理者制度により5間の市内体育施設の管理の委任を受ける。
平成27年 7月 パークゴルフ場管理業務の委託を受ける。
平成28年 7月 十六沼公園屋根付運動場管理業務の委託を受ける。
平成29年 4月 パークゴルフ場の5年間の指定管理者となる。
平成30年 8月 福島市体育館・武道場(NCVふくしまアリーナ)管理運営業務の委託を受ける。
平成31年 4月 指定管理者制度により5年間の市内体育施設の管理の委任を受ける。
令和元年 6月 ネーミングライツにより国体記念体育館の愛称が「福島トヨタクラウンアリーナ」となる。
令和元年 10月 福島市十六沼公園サッカー場天然芝コート管理運営業務の委託を受ける。

公表資料

設立趣意書
[PDFファイル/109KB]
定款
[PDFファイル/366KB]
報酬並びに
費用に関する規程
[PDFファイル/173KB]
理事・評議員役員名簿
[PDFファイル/56.2KB]
 

予算・決算等のご報告

令和2年度

事業計画書
[PDFファイル/544KB]
収支予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/42.0KB]

平成31年度

財産目録
[PDFファイル/40.8KB]
事業計画書
[PDFファイル/241KB]
事業報告書
[PDFファイル/627KB]
収支予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/71.3KB]
 

正味財産増減表(内訳)
[PDFファイル/104KB]
正味財産増減表
[PDFファイル/42.9KB]
貸借対照表(内訳)
[PDFファイル/40.4KB]
貸借対照表
[PDFファイル/43.6KB]
 

平成30年度

財産目録
[PDFファイル/40.8KB]
事業計画書
[PDFファイル/241KB]
事業報告書
[PDFファイル/627KB]
収支予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/71.3KB]
 

正味財産増減表(内訳)
[PDFファイル/104KB]
正味財産増減表
[PDFファイル/42.9KB]
貸借対照表(内訳)
[PDFファイル/40.4KB]
貸借対照表
[PDFファイル/43.6KB]
 

平成29年度

財産目録
[PDFファイル/72.6KB]
事業計画書
[PDFファイル/209KB]
事業報告書
[PDFファイル/207KB]
予算書
(資金収支方式)
[PDFファイル/63.2KB]

予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/72.0KB]
正味財産増減表
[PDFファイル/69.2 KB]
貸借対照表(内訳)
[PDFファイル/67.7KB]
貸借対照表
[PDFファイル/65.3 KB]

平成28年度

財産目録
[PDFファイル/46.6KB]
事業計画書
[PDFファイル/201KB]
事業報告書
[PDFファイル/226KB]
予算書
(資金収支方式)
[PDFファイル/63.2KB]
 

予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/71.3KB]
正味財産(内訳)
[PDFファイル/90.5KB]
正味財産増減表
[PDFファイル/47.7KB]
貸借対照表(内訳)
[PDFファイル/45.5KB]
 

貸借対照表
[PDFファイル/44.0KB]

平成27年度

財産目録
[PDFファイル/46.6KB]
事業計画書
[PDFファイル/39.0KB]
事業報告書
[PDFファイル/205KB]
予算書
(資金収支方式)
[PDFファイル/6.64KB]
 

予算書
(損益計算方式)
[PDFファイル/4.68KB]
正味財産増減表(内訳)
[PDFファイル/89.1KB]
正味財産増減表
[PDFファイル/47.2KB]
貸借対照表(内訳)
[PDFファイル/45.5KB]
 

貸借対照表
[PDFファイル/44.0KB]

要覧

令和2年度

各表紙
[PDFファイル/118KB]
目次
[PDFファイル/78.7KB]
概要
[PDFファイル/454KB]
組織
[PDFファイル/125KB]
 

事務分掌
[PDFファイル/104KB]
体育施設概要
[PDFファイル/506KB]
事業計画・収支予算
[PDFファイル/409KB]
事業報告・収支決算
[PDFファイル/1005KB]
 

別表(P60~64)
[PDFファイル/145KB]
別表(P65)
[PDFファイル/152KB]

所在地

〒960-8166 福島県福島市仁井田字西下川原41-1 福島トヨタ クラウンアリーナ (国体記念体育館)内

問い合わせ先

電話:024-539-5500 FAX:024-539-5501